肺癌の予防

肺癌の予防

肺癌は早期発見が難しいがんの一つです。発見が遅れれば命に関わる確率も高いがんですので、肺癌を予防するということは非常に重要な意味があります。では、肺がんを予防するためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?これは、多くの人がすぐに思い浮かぶものがあるのではないかと思います。肺癌を予防するのに、最も効果的なのは禁煙をすることです。肺癌の原因は喫煙によるものだけではありませんが、喫煙と肺癌の因果関係についてはご存知の方も多いことと思います。タバコはがんの確立を上げるものですが、中でも肺癌には直接的な影響力を持っていて、喫煙が原因と見られる肺癌は肺癌の中でも決して少なくありません。肺癌を予防するならば肺癌のリスクになるようなものは排除するべきという意味で、まずは禁煙をすることが効果的な予防法ということができます。また、タバコは吸い続けるよりは禁煙をした方がリスクは軽減できますが、タバコを吸っていたことがある人が禁煙をしても、喫煙経験がない人に比べればそれだけで肺癌のリスクが高いというデータがあります。

まずは検診!

肺癌にならないために

肺癌を効果的に予防するためには、禁煙をすることももちろん大切ですが、それよりもそもそも生涯にわたってタバコを吸わないことが大切です。最近は分煙が社会に浸透したこともあって、非喫煙者が副流煙によって不快な思いをする機会も減ってきています。タバコには近づかない。生涯にわたって吸わないということができれば、それは肺癌予防にとって非常に有効な予防策ということになるでしょう。大切なことは、どんなに予防に努めていても肺癌になってしまう人はいますので、定期的に検診を受けて例え肺癌になってしまったとしても症状が進行することを防ぐことです。肺癌は早期に発見できれな完治させることも可能ながんですので、定期的に検診をして肺癌の早期発見に努めましょう。

もしかしたら癌かもしれない貴方へ

肺癌の予防策

肺癌で命を落とさないためにも、生活習慣や食生活などに気を配りつつ、予防策は一に禁煙、二に検診です。ただ、それで肺癌のリスクがゼロになるかといえばそんなことはなく、非喫煙者であっても肺癌を発症する人はいます。そんな原因がはっきりとは分からない肺癌を予防するためには、一般的な健康の維持に努めることが大切といえるでしょう。肺癌に限らずですが、体内に活性酸素が発生すると活性酸素はがんの原因になるといわれています。体内で活性酸素を発生させないような食生活をこころがけ、規則正しい生活をし、適度な運動もするという一般的な健康を維持できるような生活をすることでも肺癌のリスクは軽減できるといえます。

肺癌の予防:喫煙

肺癌予防のポイントとしてはまず喫煙だといえます。直接的な関連性に関してはまだ明らかになっていない面もあり、関係を否定する意見もありますが、私自身、ヘビースモーカーで肺癌になりましたし、肺癌のなかでも小細胞癌は喫煙との関わりが非常に高いといわれています。少なくとも喫煙が肺の健康状態によいとはいえないでしょうから、ヘビースモーカーの人は少しでも本数を抑えた方がよいでしょう。また本人が喫煙していなくても周囲の喫煙者の煙を吸ってしまう受動喫煙にも注意が必要です。

肺癌の予防:食生活

それから肺癌の予防としては、食生活も大切なポイントです。免疫力の低下も肺癌をもたらす大きな問題です。栄養バランスの整った食事を取ることが求められますが、とくに抗酸化作用を持った食材が肺癌予防に役立つといわれています。代表的なものとしてはカロテノイド。とくに肺を守る効果に優れているといわれています。このカロテノイドが含まれている食材としてはほうれん草、ニンジン、パパイヤ、トマト、赤ピーマンなどがあります。脂質と一緒に摂取すると、吸収が高まると言われているので毎日の食事で工夫してみるとよいでしょう。私も肺癌と宣告されてから、食生活にはかなり気を使うようになりました。

肺癌を予防する食べ物

肺癌を予防するには、どんな栄養素を含んだ食品を摂取すると良いのでしょうか。また、肺癌を発症しやすくなる食べ物には、どんなものがあるのでしょうか。ここでは私なりに調べた肺癌予防に効果がありそうな食べ物についてまとめてみましたので、肺癌に良い栄養素や、それらを多く含む食品、肺癌に悪い食べ物を一緒に考えていきましょう。健康を維持し、癌などの病気のリスクを減らすには、バランスのよい食事が不可欠です。肺がんに負けない体を作るためにも、肺がんと関係の深い食べ物を知っておいて下さい。

肺癌の予防につながる栄養素

肺がん予防に効果的な栄養の種類を紹介します。

ビタミンC
よく「タバコを吸うとビタミンCが壊れる」と言いますが、これは本当のことです。タバコを吸う人は、体内で発生した活性酸素を処理するために、ビタミンCを大量に消費しています。 活性酸素とは、食べ物が酸素によって燃やされた時にできる燃えカスのことです。この物質には遺伝子を酸化させる作用があるため、増えれば増えるほど体が老化し肺がんなどの病気に罹りやすくなってしまいます。この活性酸素を打ち消してくれる大切な栄養素がビタミンCですので、喫煙者は意識してたくさん摂取するようにしましょう。なおビタミンCが多く含まれている食べ物には、パセリやピーマンなどの緑黄色野菜や、レモン・アセロラ・キウイフルーツ・イチゴなどの果物があります。
ビタミンE
体の老化を防ぎ、若さを保つ栄養素にはビタミンEもあげられます。ビタミンEは、多種のビタミンのなかでも特に効酸化作用が高いと言われており、がん予防にはもってこいです。 ビタミンEを摂取したければ、チョコレート、赤ワイン、クランベリー、ブルーベリー、焼きたらたらこ、カボチャなどを食べるのがおすすめです。ただしチョコレートや赤ワインに関しては、食べすぎ・飲みすぎに注意しましょう。どちらもカロリーが高い(赤ワイン:100mlで約73kcal、チョコレート:100gで約560 kcal)ので、過剰摂取は肥満を招いてしまいます。
フィトエストロゲン
フィトエストロゲンは、女性ホルモンと似た作用を持つことで知られている物質です。この物質は、体に溜まった毒素を排出(デトックス)し、免疫力を高め、肺癌の予防に効果的であることがわかっています。フィトエストロゲンはマメ科の植物に多く含まれており、最も代表的なのは大豆ですが、ほかにも漢方薬の材料となる葛根などがあります。葛根はカゼを引いたとき以外は、なかなか口にする機会がありませんしかし大豆であればいつでも気軽に食べられますので、肺癌予防のためには豆腐・納豆・味噌などの大豆製品を毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

肺ガンに悪影響を与える食品

肺癌の可能性のある食品種類を紹介します。

塩分や添加物の多いもの
肺癌には、塩分相当量の多い食品や、添加物を多く含んだ食品がよくありません。塩分の多い食品には、梅干・薄口しょうゆ・ザーサイ・オイスターソース・紅しょうが、添加物の多い食品には、市販の漬物・ハム・ソーセージなどがあげられます。特に市販の漬物は「添加物の宝庫」と言われているほどであり、塩分も大量に含まれていますので、食べ過ぎには注意してください。
緑黄色野菜は摂りすぎに注意
βカロチンは、ビタミンCやビタミンEと同じく抗酸化作用をもった栄養素です。そのため一見健康に良さそうですが、喫煙者にはあまりおすすめできません。なぜならばβカロチンは、喫煙者が摂取すると肺癌を誘発することがわかっているからです。βカロチンは、ニンジン、ほうれん草、トマト、赤ピーマンなどの緑黄色野菜に多く含まれています。βカロチンのほかにも体にとって重要な栄養素がたくさん含まれているので、全く食べないというわけにはいきません。これらの食材を毎日の食事に使う、という程度であれば問題はありませんが、それに加えてβカロチン単体のサプリメントを飲む、といった行為は喫煙者は避けたほうが良いといえるかもしれません。