肺癌の初期症状

肺癌の初期症状

病気を軽く見ると、いいことはありません。私自身、風邪かな?と思っていたら、肺癌でした。ですので、定期的な健康診断をすることが、肺癌を早期発見することにつながると思います。気がづいたら肺癌の末期だった、などということにならないために、思い当たる症状がない人も、定期的にがん検診を受けましょう。風邪が長引いてはいませんか、痰の量が多くありませんか、痰に血が混じっていませんか、胸が痛いなどその他気になる症状はありませんか?始めは風邪の症状だと思っていても、あまりにも長引くようなら、病院に行ってみてください。また、咳と共に痰に血が混じることがある場合は、肺癌だったり、肺癌でなかったとしてもなにかしら病気である可能性がありますので、早めに病院に行って診察を受ける事をお勧めします。実は、肺癌というのは、気付いたときにはもう末期だったということは少なくありません。何かおかしいと気付いてようやく病院に行ったのはいいけれど手遅れだった。そうならないように、多くの人に現れやすい肺癌の初期症状を紹介します。

まずは検診!
新築一戸建ての物件をお求めではありませんか? 大阪は豊中市・八尾市において新築の一戸建て物件をご案内しております。 最新設備が搭載された目白押し物件です、不動産をお探しの方はこの機会に是非! 詳しくはこちら⇒株式会社ワールド・ワン 新築一戸建

肺癌の症状

肺癌の初期症状は、風邪の症状にとてもよく似ています。渇いた咳が出たり、逆に癌が出たりします。また、胸の当たりが痛くなったりということもあるようです。今や、日本人の三大死因に数えられるようになった癌。癌によって命を落とす人は毎年、とてもたくさんいます。そんな癌は、早期発見がとても大事です。初期段階でがんを見つけることができれば、癌に対する処置もしやすいし、効果も出やすいです。がんの中でも肺癌というのは、発症する人が比較的多く、日本ではたばこを吸う人が多いのも、肺癌の人が多い一つの理由かも知れません。がんで一番大切なのは、早期発見ですので、少しでもなにかおかしいと感じたら、すぐに病院へ行くようにしましょう。

もしかしたら癌かもしれない貴方へ

肺癌の種類

肺癌は早期発見が完治の重要な条件となります。 逆にすでに悪化してしまっている場合は、治療をしても完治できない場合もあります。自分自身に心当たりがなくても検診を毎年受け見てもらった方が早期発見出来るといえるでしょう。手術やレーザー治療、放射線治療などは病気を根本から治す可能性があるのですが、効果的なのは初期のうちに限定されます。末期に近づくほどに納得できる効果を期待することは難しくなります。 そんな肺癌には二種類のガンがあります。

(1)肺門型肺癌
一つが、気管支周りにできる肺癌で肺門型肺癌です。肺門型肺癌は、悪化すると閉塞性肺炎を起こすことや気管支を塞がすことで無気肺になって呼吸困難になることもあります。肺門型肺癌の初期症状は、長く続く咳や痰が続くことや血痰があります。ですが、咳や痰だけだと風邪や他の軽い病気だと判断し放置してしまう場合があります。咳などが長く続くタイプは圧倒的に男性に多く発症しタバコを吸う男性は注意です。最近では、女性も注意しなければならなくなってきました。
(2)肺野型肺癌
二つ目が、腫瘍が肺の奥にできる肺野型肺癌です。この肺野型肺癌の場合、意識はしていなかったものの肺癌検査によって見つかるということもあります。 肺野型肺癌の初期症状は、自覚できるものがほとんどなく自覚症状があらわれた時には進行しているケースがあります。肺野型肺癌の症状は胸痛や疲労感、食欲不振、体重減少などが出ます。

肺癌と煙草

喫煙をしたことがない40歳以上の方と喫煙経験のある40歳以上の方では肺癌になる確率が高いのはやはり喫煙経験のある40歳以上の方のようです。喫煙をしだしてからたとえやめたとしてめ、肺がきれいになるまで何年間もかかると聞いたことがあります。肺癌の一般的な症状とは、風邪などの症状と区別がつかないことが多く、なかなか治りにくい咳、血痰、胸痛、喘鳴(喘息の方が発作の時になるゼーゼーと鳴る音)、息切れ、嗄声(声のかれ)、発熱などが続く場合には医療機関の受診をお勧めします。喫煙歴のある40歳以上の人は、注意が必要かと思います。これは私自身が『喫煙者』で肺癌を患いましたので、気になるところです。確かに喫煙者の全ての方が肺癌になってしまうというわけではないのですが、やはり喫煙と肺癌を切り離して考えるということはできないようです。それくらい重要視されているみたいです。

肺癌と予防

肺癌になる原因はタバコだけではなく、大気汚染や遺伝子もわずかなから関係しているのではないかと言われています。どうやったら予防できるのか気になりますよね?現在でわかっている範囲は緑黄色野菜や果物に含まれている成分が肺癌になりにくくするための成分が入っている可能性があると結果はでているものの、それが何の成分かまでははっきりとはわかっていないみたいです。が、一方で肺癌を研究しているチームでも予防法てしてキャベツなどの野菜や果物は適切だと。遺伝子要因も関係していると考えるチームもいれば、全く関係ないと結論づけているチームもいるようで、結果はっきりしたことはわかっていないようですが、私自身ヘビースモーカーで肺癌になりましたので、喫煙者の方は今のうちに禁煙することをお勧めします。

肺癌が進行すると

肺癌は進行すると発熱や胸の痛み、息切れ、呼吸困難、声がかすれるなどの自覚症状が出てきます。また、肺癌が気管支を閉塞すると喘鳴といい喘息ねようなゼーゼーという音がする呼吸が見られ肺炎や気管支炎をおこしやすくなります。さらには、体重減少、食欲不振、疲労感、顔や首のむくみなどがおこります。

煙草と肺癌

煙草は、肺癌の大きな要因です。肺癌で咳が出るのは、喉から肺に通じている気管支に出来たがんによる粘膜の炎症が原因です。痰は、がんによって気道が狭まるため、気道内の分泌物が痰となって出るのが原因です。炎症が進むと、炎症箇所から血が出て痰と混じります。

肺癌の早期発見のために

肺癌の初期症状には、なかなかはっきりとした自覚症状がないのが特徴です。ですので、少しでも初期症状に思い当たる点があれば、すぐに診察を受けることをお勧めします。肺癌は、初期症状のそれらで肺癌であることを確信するのが難しいために、それががんの早期発見を困難にしている原因となっています。特に喫煙者、その中でもいわゆるヘビースモーカーの人は気をつけましょう。私もヘビースモーカーだったので、ヘビースモーカー特有の咳や痰などの症状を日常的に感じていて、癌の初期症状を見逃していました。肺癌の主な初期症状である、乾いた咳が続く・痰の量が増える・血痰が出る・胸痛がする、などを『風邪』の症状であるととらえてしまう人が多いのですが、『咳ばかりが随分長く続いている』『痰に血が混じっている』など、些細な異変に気づいて下さい。