肺癌の治療費

肺癌の治療費用について

肺癌の治療にかかる金額を一概に申し上げることはできないのですが、そうはいっても目安の金額だけでも知りたいという人は多いと思います。ここでは、肺癌経験者の私が、肺癌の治療費についてお伝えします。肺癌と言っても、どのステージで見つかるのか、またがんの種類はどんながんなのかによって治療法は全く異なります。ですので、一般的に肺癌にかかってしまった患者さんの治療にかかるといわれている治療費のおおまかな金額をお伝えしますので、目安にして下さい。もし肺癌になってしまったとしたら、肺癌の治療費というのはいったいどのくらいかかるものなのでしょうか。もちろん、どんながんになってしまったとしても治療はそれなりに高額になります。もちろん治療をして健康になることが大切ですし、そのためなら治療費なんていくらかかってもと言いたいところですが、現実問題としてがんの治療費というのは患者さんや患者さんの家族にとっては大きな負担になることも事実です。命はお金にはかえられないとはいっても、治療費の問題は大きな問題ですので、どんな治療を行うかはしっかりと主治医に相談をして計画的な治療をすることも大切です。

まずは検診!

一般的な肺癌の治療費

肺癌の治療費は一般的な目安の金額として150万円といわれています。これは様々ある肺がん治療を行う場合の平均的な金額なのですが、例えば初期の状態で発見された場合には100万円程度で済む場合もありますし、逆に症状が進行した状態で発見され治療が長引く場合や複合的な治療を行っていく場合には200万円以上の治療費が必要になることも珍しくはありません。抗がん剤の治療や放射線治療など、複合的に行う治療が増えて治療期間が延びれば、当然それだけ治療費の負担も増えていくことになるのです。また、あくまでこの目安の金額は肺癌の治療費です。私の経験上、これはベッド代やその他の諸経費などは含まない金額です。入院生活が長引けば細かい出費は色々とあるものですので、実際にはこれ以上に金額が患者さんやそのご家族への負担としてのしかかることになるのです

もしかしたら癌かもしれない貴方へ
大腸内視鏡検査|ただともひろ胃腸科肛門科では、東大病院を越えるレベルの最新の機器/設備を導入し、内視鏡検査を実施しております。サイトをご覧いただき、ぜひご予約ください。

肺癌の治療費:保険適用外の治療

肺癌の治療には、もちろん健康保険を適用して治療をすることができるのですが、がんの状況によっては保険適用外の治療をすすめられることもあります。保険適用の治療と保険適応外の治療を合わせて行うことを混合診療というのですが、日本ではこの混合診療が多くのケースで認められず、一つでも保険適用外の治療を行う場合には、合わせて行う保険適用の治療についても自費診療になってしまうということもあります。がんの治療においては混合診療が例外的に認められているものもありますが、やはり多く場合で認められないケースが多いかと思いますので、高度な治療を行おうと思うと、治療が保険適用ではなくなり、さらに治療費が高額になる可能性もあります。

肺癌の治療費用:自己負担

肺癌の進行度合いなどによっても違ってきますが、最低でも50万くらいは自己負担と考えておいてもいいでしょう。治療が長くなれば長くなるほど費用が高くなっていきますが、早く治すことができればそれだけ負担が少なくなります。肺癌があまり進行していないうちに発見できれば、治療の費用が少なくて済みますので、私は定期的な検査をおすすめします。

肺癌の治療費用まとめ

肺癌にかかってしまったという人は病院へ行き治療を受けなければいけませんが、肺癌を治していくためには、かなりの治療費用がかかってしまいます。病気をして病院へ行くと薬をもらうことや注射などの治療を行いますが、特定の人を除いたほとんどの人は薬代や治療費用を払わなければいけません。ほとんどの病気では健康保険が適用されて、治療費用の負担が少なくて済みますが、健康保険に加入していない人や適用外の病気では自己負担になってしまいます。 健康保険適用外には未認可の薬や治療があり、健康保険に加入していない人は風邪で病院へ行くだけでも結構な費用になるので、健康保険にはなるべく加入しましょう。そして癌という病気になってしまうと高額な治療費用がかかってくるので、健康保険は勿論のこと癌保険などにも加入しておくと良いでしょう。

肺癌と入院費

肺癌の治療費用の中には、検査費や治療費、入院費などが含まれていますので、早く退院できれば入院費が安くなります。公的補助に医療費控除や高額医療などの制度がありますので、市役所に行って相談し利用してみるのもいいかもしれません。私はインターネットで色々と情報を集めました。肺癌という病気には費用がかかりますが、命には代えられないので、費用が少しでも少なくなるように努力しました。肺癌がかなり進行して、他の臓器や骨などに転移していると200万円くらいになってしまうこともありますので、若いときから癌保険などに加入しておくのも良いかもしれません。入院中には、食事代やテレビ代、家族が来るときの交通費などがかかってしまいます。思ってもいなかったような出費が出てきますので、余裕を持って費用を用意しておくのがいいでしょう。

肺癌と病院選び

肺癌はどんな病院でも治療できるというがんではありません。希望する治療が行える病院はどこなのか、また肺癌に対して実績のある病院はどこなのかということは事前によく検討して治療を受けるようにするといいでしょう。納得のいく治療法を行うためにも、セカンドオピニオンを行って信頼できる病院を探すことも大切です。

病院選びのポイント

肺癌の治療を行う場合には、外科療法、化学療法、放射線療法という治療法がありますが、いずれの治療法を行う場合でも専門的な技術が必要になり、どこの病院で治療をするのかということに治療の結果が左右されるといっても過言ではないでしょう。外科手術を行う場合には、開胸して手術を行う場合と胸腔鏡下で手術を行う場合がありますが、胸腔鏡を使った手術は患者さんへの負担が少ない一方で高い技術が必要となります。そのため、胸腔鏡での手術を希望するならば、胸腔鏡下での手術の実績のある医師がいる病院を選ぶ必要があります。また、放射線療法を行う場合でも、放射線による副作用を最小限におさえるためには、できる限り病巣にだけ限定して放射線を照射する必要があるのですが、病巣に的確に放射線を照射するのにも高い専門技術が必要になります。また、病巣の位置を正確に特定する必要があることから高度な画像解析ができる設備が必要になり、そうして技術と設備がある病院で治療を受けるほうが治療によってはプラスになるといえるでしょう。